【剣盾S32 R1936最終158位】初志貫徹ザシオーガ

始めに

皆さんこんにちは。S32お疲れ様でした。S32でようやくレート1900に到達することが出来たので構築記事として書かせて頂こうと思います。

禁伝環境スタートからずっとザシオーガ軸を握り続けて、ようやくある程度のまとまった成績を取れたので嬉しい気持ちもありますが、ほっと安心しております。

一応見る前に注意なのですが、上位の方々がやってるような偉い立ち回り,ポケモンが出来ているわけでは無いので、こういうポケモンしてる奴もいるんだと読み物として読んでいただけるとありがたいです。

なお、この構築はレート1900を達成した時点での構築であり、最終日、そして前日に使った構築では無いです。

それでは、構築コンセプトから構築経緯、個体紹介という感じで書いていこうと思います!

 

【構築コンセプト】

(前期との変更点→カイオーガを配布ウルトラカイオーガに変更、メタモンを色違いに変更。気持ちを上振れさせていく)

 

・ザシオーガを軸に@4のポケモンの選出圧力、選出択で全力でザシオーガを通す

・なるべく選出段階で悩まず、決まった行動から試合をこなしていく。

・受けの崩しを相手に強要させて、メタモンザシオーガで破壊していく。

 



【構築経緯】

前期同様、ザシオーガヌオラキ の4体はどれも変えがいない優秀なポケモンだと感じ、4体は何も考えず続投。

前期の立ち回りの中での最大出力選出でeasy winを取れることもあり、スカーフのメタモンを採用。またラッキーの個体紹介でも書くのだが、今期はウェポン無しからシャドーボールを採用し、バドをかなり厚く見ることでの2体で黒バド軸を見ることにもした。

ここまでは前期と採用ポケモンが全て一緒で、ラスト一枠がハマらず前期最終日勝ち切れなかった。

この枠は対面的に殴り合うのではなく、起点を作れるポケモンがいいと思った。

型が豊富でザシオーガ軸が苦手な鳳凰軸、そして電気の一貫が切れていない構築に対して初手で電磁波+定数ダメージを入れることで展開を有利にすることができて、ザシアン、カイオーガを通しやすくすることができる Bright Powderを採用。

 

 完成!

 

【個体紹介】

ザシアン(剣の王)

意地 H220 A252 S36 

巨獣斬 じゃれつく 炎の牙 剣の舞

前期と調整の変更点無し。いい加減Sライン調整したいが、相手の攻撃を低乱数で耐えてくれたりすることがたまにあったりするので、結局この調整のままだった。

 

前期は氷の牙を採用していたが鉢巻ランド側も流石にケアしてくるプレイングが多かったので、今期は素直にじゃれつくに変更した。一致フェアリー技やっぱ強いっすわ…

構築単位でナットレイが重いので、炎の牙は流石に抜けなかった。有利対面作った後の剣舞でゲーム終了になったりすることもあったり、の解答が剣舞以外ないので、これも抜けなかった。

 

Sが遅いので初手にはほとんど投げなかったが、相手のダイマの切り返しからそのまま詰めまでバ火力を押し付けられていたので、十分スイーパーの役割はあったと思う。

よくやった。

 

カイオーガ@命の珠

控えめ CS252 D4

潮吹き 雷 破壊光線 瞑想

ナットレイハピナス以外の受けは全部破壊できる神。

上記二体以外の受け(トリトドンガマゲロゲなどの特性受け)は瞑想を積んだり、受け出しにダイアタックを押せば受けが効かないことがほとんどで試合を決めるのはほとんどこいつ。ダイマの残りっぺとして雷麻痺や破壊光線(珠150技)を相手に押し付けることも多々あり、構築のMVPであった。

壁下でも+1のダイストリームは結構強く、壁構築には強かったと思う。

 

問題点としては、最終日のヌケニンの爆増によるカイオーガの無力化、初手の対面でダイアタックが押しづらい対面不利な相手(黒バド、ザシアンなど)の裏にいるトリトドン、ゲロゲの初手引きなどが挙げられる。

 

ヌオー@ゴツゴツメット

図太い HB252 D4

あくび 毒毒 地震 自己再生

ザシアンのお供。相手の構築にザシアンが刺さっているがメタモンが睨みを効かせている構築にはザシアン+ヌオーの選出で勝てた。

最終日付近にヌオラキ@1の選出をしてありえないくらい崩されたが、最終日になってヌオラキが爆増したのは解せない…

今期はあまり選出する機会がなかった。

 

ラッキー@進化の輝石

 図太い HB252 D4

シャドボ 歌う ステロ 卵産み

今期も暴れ散らかしたピンクハゲナスビ。

物理の積みアタッカーはメタモンで切り返せるし、ネクロ絡みの構築はカイオーガ単体で破壊することができたので、甘えるを不採用。

それよりも爆増している黒バドに対して、後投げからシャドボで一回削りを入れることで、黒バド単体であればの二体で襷、スカーフいずれも対応できると気付き、珠オーガを添えて典型的なザシバド軸を破壊していった。(ザシバド軸によくいる珠サンダーもこいつ単体で抑えられるのが強すぎた。)レート1900乗せれたのは、多少の不利構築や展開でも捲りかえせるポテンシャルのある、こいつとのおかげである。

挑発水ラオスがこの構築だと絶望的に重いので最終日に採用を見送ったが、ステロや特殊受け、起点回避兼対面操作の歌うなど単体でできることがあまりに多すぎて、そりゃみんな使うよねーと改めて感じた。

 

 

メタモンこだわりスカーフ

HD252 B4

普通のメタモン。前期から使っているが、こいつ強すぎるよ…

同速運ゲはスカーフバドだけで十分だし(それも割と勝てた)、他は自分の立ち回り次第でどうにかなると割り切っていたので、持ち物はスカーフでよかった。

数的優位をダイマで取ってからの詰め筋として最高に強く、ザシアンやラッキーと合わせて輝きまくっていた。

ザシオーガミラーでザシオーガメタモンのフルパワー選出できるの気持ちよすぎた。

 

ミミッキュ@光の粉

臆病 BS252 D4

呪い 痛み分け 電磁波 身代わり

ポケモンの悪い部分を詰め合わせてしまった最悪なポケモン

前期最終日にこいつに発狂させられたので、とりあえず触ってみるかと思い使ってみると意外と強く、結局1900チャレまで構築に入っていた。

 

脳死で全ての構築に初手から投げるのではなく、相手のエースやザシオーガ受けに電磁波+定数ダメージを入れることでザシオーガを通しやすくすることを目的とした。苦手な白バドなどのトリル構築にも化けの皮+身代わりでトリルターンを枯らす事もできるので偉かったりする。搦め手を駆使して展開してくるルギアとかにも麻痺+定数ダメを入れるのはかなり偉かった。

はずなのだが、初手対面の結構な確率で.しかも都合いいタイミングで麻痺バグ、技よけを起こすので相手のポケモン二体目まで定数ダメが入ってしまい降参をもらうなんてことがあり、クソ気まずかった。

 

バカみたいに初手電磁波を押すのではなく、ダイナやザシアンの速い身代わり持ちポケモンには最低限ダメージだけでも入れるために、身代わりから入った。

 

こいつの処理方法としては水ラオスの挑発から水流連打で崩すとか、サンダーなどの電磁波が効かない,かつ回復技を持つ無限ポケモンで少しづつ削っていくなどが挙げられる。

 

不確定要素のある光の粉は確かにアイテムとしてなくていいと思うが、電磁波対策をしてない構築や中速以下の構築には非常に強力な戦術だと思うし、対策もちゃんとあるので一回触ってみるのもありかもしれません。レートを引き換えに周りからの信用信頼を失います。

 

選出

→フルパワー対面ぶっぱ。気持ち良すぎる。

→相手の構築に電磁波の一貫がありそうor定数ダメージを入れればザシオーガで縛れそうな時の選出

@1→上手い人ならこれでいけそうだが、自分が下手くそすぎて厳しかった(?)搦め手を用いてくる相手にTODを仕掛けていくのも視野

@1→黒バド軸で黒バドコピーしたらゲーム終わりそうな構築の時の選出


最後に

レート1900を達成できてとても嬉しい反面、確率を絡めたプレイングでは2000というレートはまだまだ遠いと感じて、2000の厳しさもひしひしと伝わってきたシーズンでした。上位の方の構築、プレイングはまだまだ自分には再現できないと思いますが、とりあえず自分ができる事をやっていく。まだまだ色々なポケモンや型が存在するので、それをもっと吸収してより上手くなっていきたいと思います。

感謝

・3桁窓の講師の皆様

今期はメンタル的にも落ち込む時期があったのにポチべを保たせて頂き、ありがとうございます。皆さん本当に上手過ぎです…笑

Twitterでいいね、おめでとうリプをしてくださる方々

いつも励みになっています! 自分は全然大した人間ではないので、もっと皆さんと絡んでみたいです! これからもよろしくお願いします!

 

TN Paypay 最高最終1936,158位

TN ぺいぺい 最高1912最終1892,282位

 

 



 

 

 

 

 

ザシオーガを5ヶ月触ってみて思うこと【禁伝環境の振り返り】

みなさんこんにちは! ぺいぺいです。

S32中盤に差し掛かりそうですが、皆さんの調子は如何でしょうか。

自分は禁伝2体ルールからランクマを始めたのですが、ザシオーガばかり使いすぎて飽きつつあり、モチベが下がりつつあります。

ポケリーグオフにも参加する予定なので、なんとかあと2シーズン頑張りたいです。

そこで、折角ブログを開設したのでここまでの自分の振り返りとザシオーガ軸の自分なりの感想を文字にしてみようと思います。

大したことは書けないと思うので、読み物として見て頂けたら嬉しいです。

 

各シーズンの振り返り

S27の振り返り 最終順位4077位

初めてのランクマシーズンでした。ザシオーガを使っていたのですが、結果も3桁に乗らなかったので、構築詳細は覚えていません。感想としては『ダイマックスムズスギ』 BDSPから対戦環境に身を置いてきたので『高火力+能力上昇』を1ターンで行う剣盾の環境について行けず、ありえないくらいサンダーにボコボコにされました(涙)

 

S28の振り返り 最終順位677位

yakkun.com

初3桁のシーズン。とっても嬉しかった記憶があります。

構築の軸はエスバ、ザシオーガ、ヌケニンの4体。

@2は崩しの鉢巻ラオス。バドとかをごまかせそうなポリ2。

エスバの初手ダイマ、詰めのHSザシアン+スカーフカイオーガ+詰め筋のヌケニン

という動きでした。シリーズ12の序盤の禁伝の軸はザシオーガ、ザシイベル、ザシバドが殆どで(最初の方はザシバドが少なかった)珠エスバがほんとに強かったですね。

調整弄って@2を変えれば今でも十分やれそうな雰囲気があります。

ダイナ、日ネク、ルギアらへんがしんどかったイメージ。

S29序盤は上振れ込みではありますが、この構築で二桁タッチできたので思い入れのある構築です。

 

S29の振り返り 最終順位703位

yakkun.com

序盤元気マンでガチで調子乗ってたシーズンでした。

多分使ってきた構築の中で1番ゴミ。

上位でチョッキ準速カイオーガ+HAザシアンがミラーで強くて流行ってた時期だったので軸はそれを真似てみました。

この構築の反省点としてはザシオーガを受けてくる相手と上から叩いてくる相手に対しての回答が少なすぎました(全員中速)今の自分だったらボコボコにできる気しかしない。

あとメジャーなポケモンサンダーランド)入れとけばなんとかなるやろ的な思考が良くなかったです。

ちなみにこの時期ポケモンやりすぎて彼女に振られかけた。

今の所S28が自分至上最悪なシーズンです()

 

S30の振り返り 最終順位483位

paypay16.hatenablog.com

過去最高のレート+順位+葉桜本戦出場ができたシーズン。

実際の所葉桜予選はかなりのビギナーズラックで無理構築を運勝ちしてきただけだったので、本選ではととろさんに完膚なきまでにボコボコにされて恥ずかしかったです(笑)

軸はS27の構築を踏襲して、ザシオーガ+珠エスバ+ヌケニン

@2は葉桜だとゴツメサンダー、カバ。終盤だと鉢巻ランド、HBラッキー。

ラッキーの強さに感動してこのシーズンから『受ける』という思考を持ち始めました。

ヌケニンは受けるというより一旦流すのイメージ)

特にランド+ラッキーが強烈に強く、ランクマ終盤はランド、ラッキー@1が多かったです。

ここら辺でエスバの初手ダイマに限界があると気づき始める。

(環境にスカーフバドが大流行しており、S+1エスバでは切り返されてしまうことが多発)

 

S31の振り返り 最終順位416位

paypay16.hatenablog.com

 S30では禁伝二体が置物になってしまっていたので、ザシオーガを軸にするように意識。

HA剣舞ザシアン+珠瞑想オーガで有象無象を崩せるようにし、補完としてヌオラキを選出。

軸はザシオーガラキヌオーで@2にメタモン、悪ラオス。(黒バドに強くしたかった)

汎用性はかなり高くなっているので、個人的には好きです。歌うラッキーについては言及を控えます。(歌うラッキーは揉めるんよ。。。。)

 

 

5ヶ月ランクマを終えてザシオーガ単体の自分なりの解説

ザシアン(HA、HS、HDは触ったことがあるので…)

ザシアン単体として特に語ることはありませんが、環境が煮詰まってきた現在の環境では単体でできることにも限界があるので、他のポケモンで上手くサポートをしてあげないといけないですね…

S31でのザシアンのSラインは172付近(準速エスバ抜きライン)、179付近、最速の3つが多いですが、ミラーはSが速い方が基本的に勝ちます。

(ほとんどのザシアンが特化巨獣石火を高乱数で耐える設定になっているから)

 

HA→巨獣斬を最も有効的に使える型。

巨獣石火で一般ポケモンを縛れるのが強いですが、終盤になってきた今ではこのダメージラインは絶対に意識せざるを得ないですし、HSザシアンはこの環境で多い、何より技スペがカツカツなので石火を入れなくてもいいのでは?と思ったりしてます。

単体性能はHS,HDと比べて劣ってしまいますが、起点作成でSラインの引き上げや定数ダメージでの補助で巨獣、じゃれ圏内に入れて上げれば一気に相手の選出を崩壊できる、0か1かのポケモンだと思います。試合展開が読み易くて僕はこの型が好きです。

 

HS→結局上から殴るのが強いよねっていう型

相手に使われるとめっちゃ強く感じるのに、自分で使うと全然使いこなせないポケモン

最速ミラーが1番しょうもない+アッキサンダー等のザシアン受けに対して仕事ができないのがしんどいですね。とにかくザシアンミラー負けたくない!って型だと思います。

自分は使ってみて、火力なさすぎて諦めた記憶があります。

HAで述べたように、現環境ではスリップダメージや電磁波等の搦め手をザシアンに入れてから禁伝を通していくことが多いので、最速の身代わりは交換択や状態異常のシャットアウトができて偉いと感じます。

単体性能であればHSが1番性能が高いと思います。(できることが多い)

 

HD→意表をつける(?)型

バド、イベルに対しての切り返しとしてすごい優秀…

HDに振って残りをSに振れば(179付近?)少しでもミラーで優位になるので、SラインがHAより高い調整が結構多いと上位の型の記事を読んでいて思います…

環境に多いバドを切り返せるのがこの型の1番の長所なのかなと思っています。

環境初期はスカーフオーガの潮吹き耐えまで振っているのもありましたが、今のオーガは珠持ちも多いのでザシオーガミラーに強いってわけではなさそうですね。

 

 

カイオーガ(スカーフ、珠、チョッキ、ラム、食べ残し)

基本的にはザシオーガ軸のカイオーガはスカーフ、チョッキ、珠のどれかが殆どです。

ザシアン以外の禁伝と組んでいるカイオーガはスカーフ、ラム、食べ残しが多いイメージ。

 

どの持ち物であっても共通しているのが、選出段階でオーガの対策が露骨でわかりやすいので、対面的な選出なのかサイクル的に受けてくるのかが分かり易く、試合展開を読みやすいのがカイオーガ軸の強みでもあり、弱みでもあります。

また、熱湯、雷、冷B、吹雪などの追加効果でワンチャン掴める(上振れ要素)技も偉いです。

 

 

スカーフ

メリット→死に出しからの潮吹きはガチで読めないので、オーガ受けを削った、倒した後の潮吹きの制圧力が極めて高い。90族のS+1までは最悪同速勝負できるので、潮吹きできなくても詰め筋になれる。高火力珠アタッカー(サンダー、エスバ等)と組ませると上記の理由から制圧できることが多い。

 

デメリット→石火持ちザシアンは対面では勝てるが、潮吹きの威力が大幅に削がれてしまい、死に出しから切り返され易い。(先制技に弱い)

珠や眼鏡などの火力アップアイテムを持たせないとカイオーガ単体でトリトドンナットレイ、ラッキーなどを崩せないので命中20%の零度を当てるしか勝ち筋がない。(当てたら勝ち、外したら負けという上振れ要素が一切ないカイオーガは本当に弱いと思う。)

上記の理由からオーガ受けを選出段階で見たら、スカーフオーガはあまり選出したくないが、出す出さないの選出択になってしまうのが個人的に使っていて嫌だった。

 

チョッキ

メリット→ミラーでは絶対負けない。構築単位できつい黒バドにも強い。

デメリット→ダイマックスしないとあまり強くない。カイオーガ受けに弱い。(以下略)

HP管理がめちゃくちゃ難しいので使い手によって強い弱いがはっきりするポケモンなのかなと思っています。

 

メリット→ダイマでの初速のパワーが他禁伝とは一線を画している。

カイオーガ受けに引いてくる際にダイアタック、ダイアイスを押せば、カイオーガ受けを合法的に崩せる。(運ゲの回避)

厳しい試合でも瞑想を積めば、ワンチャン掴めることもある。

デメリット→ダイマ切れた後にHP削れたカイオーガが起点にされることがある。

ダイマ前提なので、相手の身代わりが辛い。

 

ラムと食べ残し型は使った事ないです。カイオーガ受けを起点にできるのは強いと思いますが、ミラーに弱いのが気になります。(ラムや食べ残しは雷を切ってることが多い)

 

最後に ザシオーガ軸について思うこと

禁伝環境も残り2シーズンで、S31でも白バド、ルギア、珠ジガルデなどのあまり今までフォーカスされてこなかったポケモンが上位に入ってきました。ますます禁伝環境はカオスになってきて、ザシオーガの立ち位置も厳しくなるのかなあと思ったりします。

単体での性能は上で述べた通りで後2シーズンでザシオーガ軸の持ち物や技構成が大きく変わるとは考えづらいです。

それより、ナットレイトリトドンハピナス以外のオーガ受けが減ることは絶対にないはずですし、むしろ新しい受けが増えて来るかもしれません。

ですが、S31でうわっきーさんが使われたスカーフオーガ+水ラオスのような、並びで崩す可能性はザシオーガ軸に残っていると思うので、ザシオーガ@1のポケモンを上手く採用できれば環境でも戦っていけるのではないかと思います。

大した話ができなくて申し訳ないです。追加でこれ書いて欲しいとかあったら、Twitterまでよろしくお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

【剣盾S31 最終416位 R1854】贖罪ザシオーガ

こんにちは。ぺいぺいです。

皆様、S31お疲れ様でした。

レート自体は前期より下がってしまいましたが、一応最高順位の更新はできたということで構築記事と呼べるほど立派なものではありませんが、今期自分が考えていたこと等をまとめていきたいと思います。こういう構築もあるんだなという感じで軽く見ていただけたらありがたいです。



 

前期の反省点

禁伝2体環境から本格的に剣盾ランクマに参入してずっとザシオーガを使っていますが、前期くらいから型の認識等のメタが激しく、一般枠に珠を持たせて一般枠で戦うことを余儀なくされていました。禁伝二体環境でわざわざザシオーガを採用したのにこの2匹を強く使えていないのは課題だと考え、今期はなんとしてもザシオーガという禁伝を通していくことをコンセプトにしました。

 

構築経緯

ザシオーガに貼られているメタの多くは

①オーガを特性(貯水、呼び水)で無理やり受けてオーガを機能停止にする。

②ザシアンを火傷、壁等で巨獣斬の威力を落として積んでいく。(状態異常などを絡めて詰ませていく。)

③2体とも回復手段が無いので、上から致命傷のダメージを与えて対面的に倒していく。

に分けられると思っています。

この3点のメタの中で、1番簡単に崩せそうだったのが①だと思いました。

そもそも、オーガの雨下潮吹きを数値受けできるポケモンは非常に限られており、特性と水.地面という視点での受けがとても多かったので、命の珠を持たせ、高い火力を更に上げて受けだしさせないことで崩せると思いました。今期の①のメタはこれでほぼクリアできたと思っています。

 

次に②のザシアンメタについて。

4つしか無い技候補+HP管理が非常に難しいポケモンなので、今の自分の技術では身代わりでメタを回避できないと思い、身代わり採用を見送り、有利対面でアドが取れる剣舞を採用することでメタを無理やり突破しようと思いました。

 

③の構築全体でのメタについて

上から殴られるなら幅広く受けられるポケモンを採用するべきだと考えました。また、剣舞ザシアンがメタモンにコピーされた時に一瞬で試合が終わらないようにするために物理受け兼定数ダメージの役割を持つゴツメヌオーを採用。

特殊受けはザシオーガが珠サンダーに弱すぎるという点と汎用性からラッキーを採用。(今回の記事のタイトル名はこいつのせいです。皆様お察しください。)

 

ザシオーガ自体のメタはこの4体を軸に対処できると思い、残り二体の補完をどうしようか色々試してみました。(ノーマルジュエルエスバ、ゴチルゼル etc...)まず、ザシオーガミラーの回答になりそうなスカーフメタモンを採用。

構築的に露骨に不利なザシバド軸に弱くないポケモンを考えた結果、襷悪ラオスを採用することにしました。

(結果的にこの二体は悪くは無かったのですが、バド軸に絶対的な解答ではありませんでした。)

 

個体紹介

ザシアン

H220 A252 S36(準速エスバ抜き抜き→コスパダイナ抜き願望)

巨獣 氷牙 炎牙 剣舞

異形ザシアン。遅いくせに剣舞あるし二色牙あるし石火じゃれが無い。

とはいえ、低速の崩し等に重きを置いて全ての技に意味はあったと思う。

巨獣→説明不要

 

氷の牙→鉢巻ランドを出落ちさせたり、後述する剣舞と合わせてコスパダイナに圧をかけていった。受けてくるポケモンに怯み、氷の上振れを押し付けて一体無償で突破できることもあったので悪くなかった。

命中0.95×怯み0.1+0.95×氷0.1×凍ったまま0.8=0.171の確率。悪くない上振れの確率。

(何度も言っているが構築的に攻め、受けどちらのサンダーにも弱いので技構成で絶対にスキを見せたくなかった。最低限の役割はあったと思う。)

 

炎の牙→テッカグヤナットレイヌケニン等への打点

オーガが珠持ちナットレイ相手だと厳しいので、そこにもしっかり刺さっていた。

こちらも怯みや火傷の上振れを押し付けてダメージを出せるのでしっかり役割はあった。

 

剣舞コスパダイナに負けない(タイプの通り)鋼の心で採用。

ヌオー+巨獣、氷牙、剣舞ザシアンでイベダイナ軸には非常に強かった。

 

投げた軸 ザシオーガ、ザシイベル、ダイナ絡み、鳳凰ナット(剣舞鳳凰にも圧をかけていく)、たまにザシバド

 

反省:Sラインもう少し上げたら、ザシバドにも自信持って投げられたかなあ。

 

カイオーガ

C252+ S252 D4 命の珠

潮吹き 雷 破壊光線 瞑想

今期のMVP。こいつでしかダイマしないので展開がわかりやすかった。

ポケGOで色違いゲットできたので、絶対使ってあげたかった。

流石に冬からずっと使ってるから、もう相棒というか恋人。(は?)

ダイウォール媒体の瞑想。(壁展開のきつい構築で何試合か捲れることがあった)

ダイマのミラー撃ち合い意識+ダイマ後の残りっぺとして打てる雷を採用。

破壊光線は吹雪と選択だと思うが、ザシアン、サンダーなどの身代わりでダイマターンを枯らされたくなかったので悪くはなかった。貯水、呼水系統に強いのが本当に偉く、ゲロゲ、トドンを確定2発。受け出させない。

(吹雪は珠ゲロゲとダイマで打ち合える点が魅力。)

 

チョッキを持ってないのでダイマの撃ち合いでイベル、サンダーに弱いのが若干辛い。

それを差し引いても今期1番活躍してくれた。本当にありがとう。

 

投げた軸:全部

 

ヌオー 

HB252D4 ゴツメ

欠伸 毒毒 地震 自己再生

ザシアン受け+剣舞ザシアンコピーメタモンの受け+襷剥がし要員+最後の詰め筋というブラックばりの働きぶり。

ザシアンに後投げして後述するラッキーと合わせて一気に展開を取っていけるのが本当に強い。

ミラーになることも多々あったりして詰めの場面で毒毒が生きる場面は多かった。

絶望的に重いゼクロム軸に立ち回りでワンチャンの活路を見出せる。

苦手意識があったが、とってもえ偉い子でした。

投げた軸;イベダイナ、ザシオーガなどのザシアン入り構築でTOD狙えそうな軸。

 

ラッキー

HB252 D4

卵 甘える 歌う ステロ

犯罪。謝罪。贖罪。

最終日前日から歌いまくってた。

立派な使い方としては、サンダーとかの特殊(一撃技無いやつ)に後投げしてステロ→相手が居座れば歌ったり、ザシアンに引けばヌオーを後投げして欠伸で嵌めたりして、TODを狙っていく。

 

以下、犯罪歴(本当にお見苦しいです)

・バドへの正解がわからなかったので、バドザシのガチで無理な構築にはアスビに後投げして歌い、最速起きケアしないで引いて倒す。(鳳凰軸にも同じことやった気がする。)

・ザシアンの巨獣を耐えて、歌う1発当て。(1番やばい)

 

最終日付近このプレイング多くて、鍵垢から暴言DMいただきました。マジですみません。

俺の構築が弱いから... ;;

 

投げた軸:ヌオーと合わせて受けれそうな軸、ネクロ、ディアルガ軸など。

 

メタモン 

 

H252  スカーフ

ザシオーガメタモンで超火力を出せるバカ。

流石に相手もケアしてくるので、相手次第みたいなとこはある。

オーガが珠なので、チョッキオーガとのダイマの撃ち合い負けてもメタモンでコピって潮吹き乙。みたいなことが結構あった。

また運ゲーなのだが、バドとの50%勝負にも賭けてた。

だめだ。俺は運ゲー使いだ。

投げた軸;前のめりなザシオーガ構築、ザシバド

 

ラオス 

H4 A252 S252+ 襷

暗黒強打 インファイト 不意打ち 挑発

 

カウンターは択になって気持ち悪いので不採用。

絡め手にザシオーガが弱すぎるので挑発にしたが、最終日の夜中に変えたので手遅れ感はあった。残り三つはテンプレ。ルギア軸に強く出れるか試したかったが、来期のお預け。

投げた軸;ザシバド、ザシイベル(対面的に戦っていくため)、ルナアーラ

 

選出

・ザシオーガメタモン

ミラーの回答。ミラーでヌオラキを出すかどうかは相手の持ち物次第みたいなところあるので、慎重に選出した。

・オーガヌオーラッキー

これが選出できた時は高確率で勝ちを取れた。

・ザシオーガヌオー

ダイナ軸はほぼこれ。たまにザシイベルとかでも。

・ザシオーガラッキー

無理そうな構築には歌うで誤魔化す犯罪プレイング(繰り返しですがすみませんでした)

 

総括

ここまで読んでいただいた方ならなんとなく気づいてるかもしれませんが、メタモンラオスが環境に適応してません。選出もしてないので書くことも少なかったです。残り四体の軸自体は自分としても悪くなかったと思いますが、後二体を詰めていければもっと上目指せたかなあとも思いました。もう一度初心に帰って上位の記事を読み漁り、来期はザシオーガ以外の軸で使ったことないポケモンを使って、少しづつでも成長できていけたらいいなと思います。

3桁窓の先輩から言われた、「続けていれば必ずいい事が起こる」という言葉を胸に来シーズンも頑張りたいと思います。最後まで見て頂きありがとうございました。

暴言以外でしたらご意見、感想などDMしてください笑

 

感謝

3桁窓講師の皆様(特にグループが同じかっしーさん、カフェオレさん)

いつもお世話になっています。

本当にポチべ維持できてありがたいです。来期もよろしくお願いします。頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【剣盾S30 最終483位R1857】エスバザシオーガが自分らしいし、背伸びしたくないから

始めに

 

皆様こんにちは。ぺいぺいです。シーズン30お疲れ様でした。

 

今回はシーズン30で自己ベストのレート+最終順位を更新できた+初葉桜杯本戦出場できたので記事を書かせて頂こうと思います。

ポケ徹以外で構築記事を書くのは初めてかつ、まっさらな所から記事を書くのは大変そうで、誤字脱字見にくい所等ありますが、暖かい目で見ていただけると有り難いです。

 

タイトルは密かに箱推ししているHKT48の新曲「ビーサンはなぜなくなるのか?」の歌詞から取ってきました。夏っぽい王道アイドルソングで堪らないですね()是非皆さんも聴いてみてください!(画像はやばかったら消します。)

自分は禁伝環境ザシオーガしか使ったことが無く、色々自分で試して勝てなかったので開き直ってザシオーガ使ったらボチボチ勝てたのでこのタイトルにしてみました笑

 

 

 

 

構築経緯



 

(ゴツメに終盤で変更)

 

シーズン初めはチョッキ準速オーガ+A特化ザシアン+ゴツメサンダーでミラーに絶対勝てると思い@2でプレイしていましたが、ポケモンはそんなに甘いゲームでは無く、負けが続きました。

 

下手な自分が勝つには相手の構築を見てどう受けるか考えるよりどうやって最初に数的優位を取って詰めていけるか考えました。

 

そこで、誰で受けるかが明確で選出画面からプレイングが考えやすいはそのまま。

上記二体の補完になりつつ明確に禁伝に不利を取りにくい珠

禁伝のコピーを抑制出来て、警戒が薄い相手に最後の詰め筋の役割を持てる襷

ホウオウ絡みのサイクルを誤魔化せそうな高火力枠、鉢巻 

上記5体まででどうしようもない時にと同時選出して1サイクルは特殊物理問わず誤魔化せそうなを採用してランクマに潜りました。

 

良くある型と少し違うのが、の二体。

前期の一位のHBゼルネ軸を咎められる剣舞持ちHAザシアン。

は徹底的にクッションの役割を持たせたかったのでノーウエポン甘えるステロ歌う型にしました。

 

の型は悩みましたがオーガ受けを崩した所からの後発スカーフオーガはケアできないだろうと思いテンプレの型にしました。

それでは個体紹介に行きたいと思います。

 

個体紹介

ザシアン@朽ちた剣 


意地 H220 A252+ S36 実数値195-244-135-×-135-173

巨獣斬 じゃれつく 剣の舞 電光石火

 

ミラーで上取ることは全くなかったのに、準速エスバ抜き抜きにした妥協調整。

HAの強み(巨獣+石火のリーチの長さ)に加え、

環境に割といたゼルネ軸、壁展開や後出しアッキサンダー等に抗える為剣舞を採用しました。

+3A特化の巨獣斬は凄まじく、+1A特化でギリギリ受かる調整を一気に崩し楽に勝てる試合もありました。

最終日の自己ベストチャレンジでは壁張りからのザシアン展開を咎め、2.5体持っていってくれて感無量でした。

こちら有利対面で相手が引いた後に剣舞を押すと一気に相手の思考がバグり、無駄なダイマ(インファ等のケア)を切ってくれることもありました。

とはいえ、やってることはヤンキープレイングで、ヌオーには相変わらず何も出来ないので刺さる所には刺さるという感じの使用感でした。

蒼響色ザシアンをゲットできたので、来シーズンは使ってみたいと思います。

 

カイオーガ@こだわりスカーフ

臆病 C252 D4 S252+  実数値 175-×-110-202-161-156(+1で234)

潮吹き 雷 冷凍ビーム 熱湯

 

どこにでもいるカイオーガ。環境のゼルネがDに振っていなかったのか、舐めてジオコン押してくる相手を潮吹きで破壊できたのは気持ち良かったです。

水受けがいる相手には基本選出はせず留守番になっていました。

黒バドの持ち物が襷ぽいと思った時は思い切って選出してました。

ザシオーガ、ザシバド、ザシイベルでオーガを通せそうな時は基本選出していました。

詰め筋としては非常に強力で、かっこいいので大好きです。

 

エースバーン@命の珠


意地 A252+ D4 S252 実数値 155-184-95-×-96-171

火炎ボール 飛び跳ねる 不意打ち ギガインパクト

最強珠エース。

ザシオーガ軸ではきついザシバドに勝てるポテンシャルがあるので珠として採用。

とはいえ黒バドが苦手すぎて毎回黒バドとの不意打ちorダイジェット択の通し合いになってて草でした。

初手ダイマで甘えた物理受けを一気に破壊していくこともあり本構築の軸。

苦手な禁伝ドラゴンダイマにはザシアンでも強く見れるのが補完として最高すぎる。

バンギに弱いのが難点ですが襷飛び膝エスバも一定数いた+ザシオーガにバンギは投げづらいという点から困ったことは少なかったです。

 

ヌケニン@気合いの襷


寂しがり A252+ S252 実数値 1-156-×-×-×-92

B0じゃない妥協個体

相手メタモンへの解答でありノーマル、悪タイプ以外には最低限仕事はできる。

最悪ザシオーガミラーへのクッションにもなり得るのが優秀。

トドンを選出画面で呼び、ラス1対面で詰ませることもあったりしました。

しかし、本構築に格闘技がないせいで選出画面でポリ2がいるだけでトレースをケアして出せないこともあって難しいところではありました。シーズンが進むにつれて選出しにくくなってきていると思います。

高校の同級生から貰った色違い個体なので、これからも大切に愛情を持って使いたいと思います。

 

霊獣ランドロス@こだわり鉢巻


陽気 A252 B4 S252+ 実数値 164-197-111-×-100-157

地震 とんぼ いわなだれ 空を飛ぶ

単体で崩すというより、2匹目と合わせて崩すイメージがこのシーズンで掴めました。

ザシオーガミラーでも強く、初手の対面でザシアンは勿論打ち勝てて(氷の牙は切ってました)、オーガのS判定で持ち物を調べてラッキーに引くことが出来て強かったです。

他禁伝や一般ポケモンにも威嚇(A-1)+HBラッキーが強烈に強かったです。

ホウオウ軸はこの構築のポケモン達では目の前にいるポケモンに通る技を打つだけで崩すことは出来ないので、数サイクル回した後に交代際でホウオウに岩雪崩を押すしかありませんでした。

襷ランドバドザシへの解答としてSを1落とせば後攻とんぼが決まるかなと思いましたが、結局できずに終わってしまいました。多分あんまり意味ないと思いますけどね笑

 

ラッキー@進化の輝石


図太い H252 B252+ D4 実数値 357-×-62-×-126-70

甘える 歌う ステロ 卵産み

前期の上位の方々が割と採用していた歌うノーウエポン型地雷ラッキー

こいつのおかげで3桁入れたと言っても過言ではないくらい強い...

・特殊ダイマアタッカーのクッション(オーガ、サンダーあたり)

・威嚇巻きからの物理受け(構築で重いガラルヒヒダルマへのゴリ押し策)

・不利対面を歌うで誤魔化せる

・最低限のサイクル下でのステロ巻き

以上の役目を高確率で遂行できました。

ザシバドの取り巻きがどうしようもなくて仕方なくラッキーを出して崩せたこともあリました。

やってることはカバのステロあくびからの吹き飛ばしよりも遂行速度が遅く運が絡むが考えつかなかったのでやむを得ませんでした。 55%で数ターン行動不能にできるのが強すぎますよね...

来期はしっかりとしたサイクルで相手を崩していきたいですね。

 

選出(これといった選出はないので、考えていたことを書きます。)

VS  (ミラー)

相手のダイマは基本怖くないのでで展開してSが早いorを通せるかを考えました。

ケアしてなそうなら容赦なく出します(上位はほとんどケアしてる構築でした。)

が初手に投げられるかもチェックしておきたい所です。

が通せなそうな時はの超対面選出でゴリ押すしかありません。



VS

ザシオーガ軸の方が基本有利なのですが、一般ポケモン(特に重いのがガラルヒヒダルマトリトドン)をどう崩せるかを考えていました。

歌うラッキーVS 氷柱落としGヒヒダルマの超運ゲー対面ゴリ押した時はやばかった...

(語彙力)

 

VS(黒)

キツすぎる。まずバドの持ち物がスカーフかそれ以外かを選出段階で見極める。

初手が通せれば強いのだが、高確率でノラゴンか連撃ラオスがいるので、

こちら初手が多く、削られたザシアンの裏からバドで展開をとられることが多かった。

よって、後出し死に出しからしか切り返すことができなかった。(だいぶ無理があったが...)

ザシオーガ軸はどうやってザシバドに勝っていたのだろう....

VS

基本は

剣舞が解答ではあるのだが、選出画面でカバやバンギ、ステロ巻きがいたりすると通しにくいので鉢巻を通せないかを考えました。

また、初手の対面はこちらのザシアンがSに自信がないので、相手の取り巻きに刺さっていそうなのどれかを初手に選出して、アタッカー型かコスパ型かを判別するようにしていました。

 

ちなみに、壁ダイナ→グラスフィールドゴリランダー展開→グラスシード日食ネクロズマで要塞化されたので来期のトレンドになると思います。絶対ケアしましょうね。

 

無理な構築.ポケモン

・トリル軸(無理)

・ホウオウ軸(自分で使ってみて何がキツイか勉強したいと思います)

・ネクロ軸(ダイマいなされると絶対負けるので、相手に早くダイマを切らせた時が1番勝率が高かったです。)

・Gヒヒダルマ(襷あくびやめてくれええええ)

・レジエレキ(スカーフオーガより早いって何???)

 

最後に

S30は序盤こそ上手くいかずに辛かったですが、結果的には運に愛されて葉桜杯本戦に初出場できたり、意図を持って6体を採用して自己ベストを超えることができました。勝てない時はポケモンは辛いですが、勝てると楽しいですね。

タイトルではザシオーガしか勝たん!みたいなタイトルですが、ある程度ザシオーガにも区切りを付けられそうな結果を出せたので来期は使われてキツかった構築を使ってみたいと思います。

それでは最後に、

・構築相談やアドバイスをしてくださった3桁窓のアドバイザーの方

(特に院長さん、かっしーさん、グティさん、ゴンさん、里暗さん、ゴンさん)

・葉桜本戦予選両方で当たり、対戦してくださった ととろさん

・色ラッキーを無償で下さったすーーさん

心からありがとうございました。

3桁窓にまだいるのかどうかはわかりませんが、これからもTwitter等でよろしくお願いします。

TN ぺいぺい 最終順位483位R1857

TN Paypay  最終順位787位R1824



 

 

ポケブログ始めました。

皆様、初めまして。

新人ポケモントレーナーのぺいぺいです。 

現在は6/1ランクマ最終日の夜が明けて、ぐっすり眠れないままスタバでこのブログを開設しました。

とりあえずブログを書き始めることができて安心ですが、体調が悪すぎる....

気合い入れて22時からブラックコーヒーとモンスターなんて飲むべきじゃなかった。

特段、自己紹介とかは必要ないと思うので、これからS30の構築記事を頑張って書いていこうと思います。

今までポケ徹でしか記事を書いた事が無かったので、かなり時間がかかると思いますが丁寧に見やすさまで拘っていこうと思います。

 

それでは皆様よろしくお願いします。